馬のプラセンタは効果が高い?

プラセンタは牛や豚、馬などの胎盤を使い生産されます。

牛のプラセンタについては、狂牛病の問題以降は使われることがなくなりましたが、豚のプラセンタと馬のプラセンタの二つが主流として使われ、中でも馬のプラセンタは効果的と言われています。理由としては。馬はもともと病気の発症が少なく、寄生虫も少ないために、ワクチンの投与や薬剤の投与などがあまりないんです。

豚プラセンタの場合には、寄生虫の問題があるので製造過程では殺菌処理を行いますが、このために失われる成分もあるんです。

馬プラセンタの場合いは、もともと成長段階でも徹底した管理を行わえることが多く、血統なども管理されているので安全性が高いと言われています。

無用な殺菌処理などを減らすことが出来るので、その分、成分をしっかりと残すことが出来るんです。このため、馬プラセンタはとても効果的と言われているんですよね。また多胎出産の豚に対して、馬は単頭出産といって一回の出産で一頭のみ出産するため、胎盤の損傷も少ないんですよ。

などを目的として使用されるプラセンタの中では、馬プラセンタが良いと言われているのには、このような理由があるんですね。